学生ローンの豆知識

こちらでは学生ローンの知っておいて得する豆知識や、巷に広がる噂話など、学生ローンにまつわるお役立ち情報をお届けします。

借りたい金額が大きい場合、はじめから2社・3社に分けた方が借りやすい

これの答えはYesです。
ただし、金額と何社に分けて申し込むかによって状況は一変しますので注意して下さい。
最も効果的な例として、必要な金額が50万円だった場合を挙げてみましょう。
この場合、25万円ずつの申し込みで、2社に申し込むのが正解です。

[解説]
まず、50万円という金額はほとんど1社で借りる事は不可能です。
しかも、50万円という大きな金額に学生ローン側も警戒をしてしまいます。
ならば、どうせ1社で50万円は無理ならば、最初の1社目は25万円で様子を見るのがベストです。
25万円なら警戒もされませんし、条件さえ整っていればクリアできるでしょう。
この方法の良い点は、少なくとも最初の1社目は確実に審査を通そうというものです。
いきなり50万で相手をビビらせては元も子もありません。

2社目の申し込みは、今日他のローン会社に申し込みをしたという事実が相手には知られていますので、正直にいくら借りてきたか言うようにしましょう。
その方が信用がされやすくなります。
裏ワザとして、同じ日に申し込んだ他社での借り入れ情報は、その日のうちにはわかりません。
したがって、「借りてない」と言い張るのも1つの手ですが、後日バレることなのでやめた方が無難です。
(今後の追加融資などが受けられなくなるおそれがあります)

[注意点]
あまり同じ日に何社も申し込まないようにして下さい。
4社目あたりから警戒され、借りにくくなります。

カレッヂは最初は10万円位にした方が枠が大きくつきやすい!?

カレッヂは微妙ですがNoではないと思います。
と、いうのも、カレッヂはATMを持っていますので、最初は5万円とか10万円と金額を少な目にして、油断させるというのも裏ワザの1つとしてありかもしれません。
5万円借りて枠が30万円ついていれば、後でコッソリ引きだしてしまえば良いわけです。

[解説]
このページの最初の方でも言いましたが、はじめから大きな金額を申し込むと警戒されるという心理を逆手にとったものです。
申し込み金額が5万とか10万なら絶対に警戒はしません。
「良客」として扱われる可能性が高く、利用限度額も5万~10万ほど高く見積もられるかもしれません。
所詮、無担保・無保証の学生ローンは、信用が一番重要です。
警戒されるよりも、無警戒の方が確実に枠はつきやすいと言えるでしょう。
ATMであれば人と対面しない為、全く警戒されずに利用限度額いっぱいまで引き出す事が可能です。

紹介料は会社ごとに設定差がある

こちらはYesです。
例えば、フレンド田は紹介で借りた人の借りた金額が、15万円以上なら3000円、25万円以上なら5,000円がもれなく貰えます。
友林堂は紹介者と紹介された人の両方に抽選で500円~5,000円の紹介料が貰えます。
抽選とはいえ、2人とももらえるのは友林堂くらいだと思います。
ただ、さすがに3,000円・5,000円という金額は確立が低いですので、あまり期待を大きく持つのは禁物です。
ほとんどの学生ローンは、紹介された人の借入金額によって紹介料が決まりますので、申込金額が大きい場合は友林堂以外、申込金額が小さい場合は友林堂で借りるというやりかたが利口かもしれません。
ただし、これはあくまでも紹介料という視点で比較した場合です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA